アパート経営とは

Apart
Presi-Xは東京都23区内の厳選物件に限定したアパート経営を提案します。

安定した収入が毎月入ります

アパートを建ててオーナーになることで、アパート経営を始めることになります。アパート経営は毎月安定した家賃収入が見込める低リスクミドルリターンの不動産投資です。
長期的に安定した収入が見込めるので、将来的に減額が予測される年金対策にもなります。

資産として土地が残ります

アパート経営は基本的に家賃収入によってローンを返済していくので、手持ち資金の支出がありません。
そしてローン完済後には無借金の土地という優良資産を手に入れることになります。無借金の土地は、将来的に資産形成の可能性を大きく広げてくれます。

インフレ対策になります

デフレからの脱却を目指す日本では、今後インフレが進むことが予測されます。物価が上昇するインフレが進むとお金の価値は下がりますが、一般的に資産である土地の価値は上がることになります。
インフレ環境において土地の資産価値は上昇が見込め、キャピタルゲインを得ることができます。

東京都23区にこだわる理由

アパート経営にとって最大のリスクは空室リスクと土地の価値が下がることによるキャピタルロスです。空室が増えれば、家賃収入によるローン返済が滞りますし、キャピタルロスが生じれば、何らかの理由で物件を売却したい時に売却が難しくなります。
そうしたリスクを最小限にするには、賃貸需要が旺盛で、土地の価格が下がる可能性が低い場所でアパート経営を行う必要があります。
少子化が進み人口が減少する日本で、今後も人口の伸びが予想され、土地の価格が安定している東京都23区は、低リスクのアパート経営を行うには最適な場所なのです。
さらにPresi-Xでは、東京都23区の中でも、
厳選された物件だけを取り扱っています。

生命保険代わりになります

アパートを購入するためのローンを組むときに、団体信用生命保険という保険に加入することになります。この保険によって、オーナー様に万が一のことがあった場合、アパートのローン残価は保険によって完済されます。これにより、オーナー様のご家族には無借金のアパートという資産と毎月の家賃収入を残すことができます。